器材オーバーホール

画像 054.jpg画像 053.jpg

あなたの器材は大丈夫ですか?

上の写真をご覧下さい。2年間O/Hしなかった為にファーストステージ内部、セカンドステージ内部がこんなにも・・・。
※素材にステンレスを使用していても、『錆びにくい』だけであって、『錆びない』わけでわありません。(画像をクリックすると拡大してご覧になれます)

ダイビングを楽しんで行くために欠かせないダイビング器材ですが、海で使った後はどのような お手入れをしていますか?
皆さん真水でよく洗い、陰干しをして保管していると思います。
しかし、奥まできちんと洗えている器材はないのです。そこに塩が溜まると動かなくなる場合が あり、可動しているOリングやパッキン等の変形や、ヒビ割れるとエア漏れの原因となります。
そこで器材のオーバーホールが必要となります。オーバーホールとは車の車検のようなもので、 1年もしくは年間100ダイブを目安に定期的に点検します。
細部にわたり分解し、パーツを洗浄します。洗浄だけでは落ちない"緑青"(ろくしょう)と呼ばれる錆も丁寧 に落とします。
消耗パーツや、使用状況に応じて向こう1年間使用しても問題が起きないよう、状態の悪い パーツを交換します。
元どおりに組み立てた後、圧力やエアの流量を調整します。
最後にリーク(エア漏れ)がないかをチェックして、磨きをいれピカピカにして完了です。

オーバーホールの手順

画像 052-2.jpg 

その1

まずお預かりした器材の初期状態をチェックします。
中圧の状態、フリーフロー、その他諸々を最初に確認します。
オーバーホール(以下O/H)は点検だけでなく、洗浄、グリスアップ、組み立て、最終調整を行うものです

 画像 055-2.jpg

その2

器材を分解していきます。写真はO/H前のヨークスクリューです。1年間使用するとこの様に緑青(緑色の錆。毒性あり)がでます。1st内にもこの様に緑青が出ることが。一度でも使用していると、そのままの状態でも緑青は錆同様にメッキを侵していくので、こまめにお手入れを行って下さい。

 

 画像 056-2.jpg

 その3

1st、2ndを分解しました。ちなみに今回はマレスのMR12のAXISを参考に行います。どちらかと言うとパーツの少ないレギュレーターです。

 画像 057-2.jpg

 その4

専用の超音波洗浄器と専用の洗浄液を使用して緑青、古いグリス他、異物を取り除きます。汚れのひどい物は最初に真鍮ブラシ等で落としてから洗浄をします。そうしないと綺麗にならない時もあるのです。汚れの具合により10分〜20分位行います。

 画像 058-2.jpg

 その5

超音波洗浄液での洗浄後、真水の流水でもう一度洗浄し洗浄液を除去します。この時、汚れが取れていない場合にはそのパーツだけをもう一度、超音波洗浄器で洗浄します。特に内部のパーツはしっかり確認をします。

 画像 059-2.jpg

 その6

先程、「その2」で紹介したヨークスクリューです。比べて見て下さい。こんなにも違うんです。それでも緑青などがこびり付いている場合はさらにルーター等を使って取り除きます。その後、痛んだパーツを交換し、グリスアップ後組み立てていきます

 画像 062-2.jpg  画像 061-2.jpg
おまけ1
こちらは別のメーカーのパーツになりますが、左がオーバーホールする前のセカンドステージのパーツです。
右がパーツ洗浄後の写真です。
明らかに違いますますよねっ!
 画像 060-2.jpg

 その7

組み立て後、中圧値等の最終調整を行います。この時に残圧計の誤差が規定内か一緒に確認します。

 ※ちなみに写真で説明している釈ちゃん人形は当店の趣味ではありません・・


大まかな全体の流れですが、如何でしょうか?
ここでは1stと2ndを紹介しましたが一緒にオクトパス、インフレーターホース、残圧計のジョイント部分も行っています。
O/H時にはレギュレーターシステムは一緒に行って下さい。

ダイビングの器材は耐腐食性の材質が使用されていますが、普段のお手入れも重要です。
ダイビング後はキチンと真水またはぬるま湯で内部に異物や水が浸入しない様にお手入れを行って下さい。そうする事により、長い間、性能を損なわずに使用できます。
 

使用工具について

当店提携の器材メンテナンス専門店では、メーカー専用工具(SST)は勿論ですが、通常使用する工具にもこだわりを持ってメンテナンスを行っております。
全てのメーカーをご紹介する事は出来ませんが、以下の様な一流メーカーの工具を使用しております。
お預かり致しました器材をなるべく傷つける事無く行うようにする為でもありますが、精度、強度等を考慮しており安価な工具は使用しておりません。

 

画像 206.gif

 モンキーレンチ・ボールヘックス・スパナレンチ・スクリュードライバー・クローフットレンチ他

画像 198.gif

 ヘックスレンチ(T−シェイプタイプ)

画像 199.gif

 スーパーシャローソケット他

 

画像 200.gif

 プライヤー全般

画像 201.gif

 ソケットドライバー・ユニバーサルソケット・ソケットレンチエクステンション他

画像 202.gif

 ドライバー(マイナス・フィリップス)・ヘックスレンチ・ストレートポンチ他

画像 203.gif

 トルクレンチ・ボックスソケット

 

画像 204.gif

 ミニグラインダー

 

画像 205.gif

 スパナレンチ・ソケットレンチエクステンション・ソケットレンチTハンドル他

 

画像 207.gif

 トルクレンチ・トルクドライバー

▲このページのトップに戻る