2018.06.23

天気/曇りのち雨
気温/23
風向/東
水温/18〜22
透明度/フトネ10〜15m 白崎8〜12m 弁天島10〜18m


朝は曇り空。午前中は降らない予報が変わり、すぐに雨がぽつぽつ。
降ったり止んだり、少々肌寒い一日でした。

風向は東。うねりは磯際に少々残っているのみ。
沖はぺたりと良い凪で、外海湾内ともに終日問題なく潜れました。

今日はフトネ、白崎、弁天島と潜ってきました。

心配していた透明度も、意外に結構キレイっ!!
外海湾内ともに表面は雨水の白っぽい濁りなのですが、そのすぐ下は8〜10m。
水深15mを超えるとキレイになって、フトネは15m。白崎は10〜12m。
弁天島の砂地が一番キレイで18m以上は楽々見えている気がします。

ただ、水温は19〜22℃。キレイなところはひんやりします。
弁天島だけやけに冷たいと思ったら、18℃。。ドライが正解です。

フトネは流れも緩く、根からだと群れがハッキリ見えないんですが・・P6231083 (300x400).jpg
底を潮上に移動して見上げると、すんごーーーーいイサキの大群彡彡彡この間よりも更に増えているんじゃないでしょうか。
あちこちから降り注ぐイサキシャワー、やっぱり絶景です♪♪

通称、龍の首(だったはず)ブイの西側のぴょこっとしたところ。数年前までは頭にちょっと生えてただけのトゲトサカがぐんぐん増殖して根を覆いそうな勢いです。
キンギョハナダイがもっと増えてくると良い画になりそうですが、これを全部写真におさめる技術が欲しい!!

続く白崎は先端スタート。
ハクセンアカホシカクレエビからのセトリュウグウは1か所に5匹。その横に大きなカスザメ。つい砂を払ってしまいましたが、ここは白崎でした。あっという間に視界不良。弁天島と砂が違うのを忘れていました。

その他ウミウシはイガグリなど、いつもの顔ぶれがぽつりぽつり。うーーん、やっぱり減ってますね。
ということで、キイボキヌハダを見せて「ほらね、このコが食べちゃったからウミウシが少ないんですよ」
自分の力量をキイボのせいにして帰ってきました。

明日の天気は曇りのち晴れ。風向は西〜南西ですが、外海も大丈夫そうです。
湾内ともに終日問題なく潜れると思います。

▲このページのトップに戻る