オーバーホールの手順

画像 052-2.jpg 

その1

まずお預かりした器材の初期状態をチェックします。
中圧の状態、フリーフロー、その他諸々を最初に確認します。
オーバーホール(以下O/H)は点検だけでなく、洗浄、グリスアップ、組み立て、最終調整を行うものです

 画像 055-2.jpg

その2

器材を分解していきます。写真はO/H前のヨークスクリューです。1年間使用するとこの様に緑青(緑色の錆。毒性あり)がでます。1st内にもこの様に緑青が出ることが。一度でも使用していると、そのままの状態でも緑青は錆同様にメッキを侵していくので、こまめにお手入れを行って下さい。

 

 画像 056-2.jpg

 その3

1st、2ndを分解しました。ちなみに今回はマレスのMR12のAXISを参考に行います。どちらかと言うとパーツの少ないレギュレーターです。

 画像 057-2.jpg

 その4

専用の超音波洗浄器と専用の洗浄液を使用して緑青、古いグリス他、異物を取り除きます。汚れのひどい物は最初に真鍮ブラシ等で落としてから洗浄をします。そうしないと綺麗にならない時もあるのです。汚れの具合により10分〜20分位行います。

 画像 058-2.jpg

 その5

超音波洗浄液での洗浄後、真水の流水でもう一度洗浄し洗浄液を除去します。この時、汚れが取れていない場合にはそのパーツだけをもう一度、超音波洗浄器で洗浄します。特に内部のパーツはしっかり確認をします。

 画像 059-2.jpg

 その6

先程、「その2」で紹介したヨークスクリューです。比べて見て下さい。こんなにも違うんです。それでも緑青などがこびり付いている場合はさらにルーター等を使って取り除きます。その後、痛んだパーツを交換し、グリスアップ後組み立てていきます

 画像 062-2.jpg  画像 061-2.jpg
おまけ1
こちらは別のメーカーのパーツになりますが、左がオーバーホールする前のセカンドステージのパーツです。
右がパーツ洗浄後の写真です。
明らかに違いますますよねっ!
 画像 060-2.jpg

 その7

組み立て後、中圧値等の最終調整を行います。この時に残圧計の誤差が規定内か一緒に確認します。

 ※ちなみに写真で説明している釈ちゃん人形は当店の趣味ではありません・・


大まかな全体の流れですが、如何でしょうか?
ここでは1stと2ndを紹介しましたが一緒にオクトパス、インフレーターホース、残圧計のジョイント部分も行っています。
O/H時にはレギュレーターシステムは一緒に行って下さい。

ダイビングの器材は耐腐食性の材質が使用されていますが、普段のお手入れも重要です。
ダイビング後はキチンと真水またはぬるま湯で内部に異物や水が浸入しない様にお手入れを行って下さい。そうする事により、長い間、性能を損なわずに使用できます。
 

▲このページのトップに戻る